活性水素水が体にいいと世間一般に言われています。
それは、体に悪い活性酸素を消滅させるからで、還元水とも呼ばれています。
酸素と水素がくっつくことで酸素を酸素のままで放置しないからなんですね。
その効能としては、飲むことで体内に取り入れられて肌がすべすべになるし、料理の時に活性水素入りの水を使用すると料理の味が非常に上手くなったりします。
また医療の分野では、糖尿病で苦しんでいる患者さんにとってもいい効果が期待できると言われています。
このように「万病を癒す魔法の水」とか言われたりするくらい注目度の高い活性水素水は、沢山種類が出ています。
そして入手するための価格もまちまちですし、水に溶け込んでいる溶存水素の量がかなり異なります。
悪玉の活性酸素を取り除くことで体調をあげるというのが活性水素の売りのところですから、溶け込んでいる量が多いほど、その効能は期待出来るようになります。
溶存水素というのは、時間が経つにつれて水からどんどん抜けていくので、作られたばかりの活性水素入りの水が一番水素を含んでいることになります。
現在多く市販されている簡易ボトル入りの活性水素入りの水は、抜けでていることがおおく、早期に利用することが好ましいということになります。
一方サーバーを設けて、その場で活性水素水を生成するタイプのものが一番適していることになるのです。
最近は廉価でレンタルしてくれるタイプも出てきていますし、そのようなシステムを上手に活用して水素が沢山溶け込んでいる活性水素入りの水をいつでも利用できるようにしたいものです。
http://suisosuihikaku.net/hydrogen-water-and-diabetes/effect-of-hydrogen-water/


ページのトップへ戻る