ATMから現金が引き出せるなど、気軽にお金を借りることが出来るとして、多くの利用者がいるのがキャッシングサービスです。
このキャッシングを利用するときには、最初に申し込み手続きをしておかなくてはなりません。
申し込みの手続きをする際には、用意しておかなくてはならないものがあります。
それは、「本人が確認できる書類」と「収入を証明できる書類」の2つです。
本人が確認できる書類は、運転免許証、パスポート、健康保険証(有効期限に注意)などです。
外国人の場合には、特別永住者証明書(外国人登録証明書)や在留カードの提出が求められることもあります。
収入を証明できる書類は、源泉徴収票、住民税決定通知書・納税通知書、所得証明書、給与明細書などです。
これらの書類が用意できないと、キャッシングサービスに申し込みをすることが出来なくなってしまいます。
不備がないようにしっかりと準備してから、申込みをするようにしてくださいね。



ページのトップへ戻る