何かプライバシーマークを取得することによるデメリットはあるのでしょうか?
取得を希望する方の中には、この点が気になっている方もいるでしょう。
プライバシーマーク取得のデメリットは複数あります。
一部あげると、プライバシーマークは1回取得してしまえばずっと有効というわけではなく、使用を継続したいのであれば2年に1回更新をしなければいけません。
更新の際には新規取得の場合と比べると安上がりですが、お金がかかりますし、手続きのための時間と手間もかかります。
また、1年に1回の頻度で内部監査をしたり、社員の個人情報保護教育を行なったりする必要もあります。

このデメリットに対する効果的な対策としては、取得だけではなく取得後の運用や更新のことなども含めて、コンサルティング会社のサポートを依頼することがあげられます。
専門のコンサルティング会社を入れることで、デメリットをデメリットとして意識することはほぼなくなるでしょう。
優良な依頼先を探したい場合には、Pマーク一括見積り術というコンサルティング会社の一括見積りサイトの利用がおすすめです。
無料で全国の良質な依頼先候補の中から、最も希望に合ったところと契約を締結することが可能です。

https://pmark-mitumori.com/merit.html




ページのトップへ戻る