ギターには、テレキャスター、ストラトキャスター、セミアコ、ドレッドノートモデル、000(トリプルオー)オーディトリアムモデル、ラウンドショルダーなどさまざまな種類があり、種類によって買取相場が違います。

買取価格一覧を店舗によっては掲載しているので、店舗に一覧があるようなら確認をしてみましょう。この価格一覧はおおよその目安であって、付属品や傷の有無、使用状況などによって変わります。一覧表には「買取上限金額です」など注意書きがされていることがあります。この買取金額の上限とは、新品に近く、付属品がすべている場合です。長年使っていると多少傷がついていることでしょう。傷がついていると買取額が一気に下がる可能性があります。

より正確な買取金額を知りたいなら査定に出すことをおすすめします。インターネットで査定を行っている業者もあり、ギターの写真、メーカー、本番、状況などを正確に入力すればより正確な査定をしてもらえます。

査定をしたから必ず買い取ってもらわなければいけないわけではありません。ギターは高価なもので簡単には売りたくないはずです。そのことを店側もわかっているので強引に買取を迫ることはありません。いくつかのお店で査定をしてもらって、より高額な買取をしてくれるお店を見つけてみましょう。

あわせて読みたい関連記事:
有名なリサイクルショップ、ハードオフのギター買取の価格相場や買取可能な条件

ページのトップへ戻る