就職活動の面接、第一次から第三次まであるとして、一番の難関は何処になるでしょうか。
『第二次まで通過したら大体通る』と油断している人は、三次面接で落ちて中々希望の就職ができなかったりします。
一昔前の採用活動は現場の判断に意を唱える経営者は少なかったのですが、現在の就職活動は変化をしてきています。
面接の枠組みは、第一次面接では学歴をみて、第二次面接では現場の人間が適正をみて、第三次面接は経営者が『経営者として期待したい人材』を採用します。
第一次、第ニ次面接は当たり障りの無い質問しかされず、学歴さえよければ通る事があるのです。
当然、勝負は第三次面接になり、経営者に『あなたと仕事をしたい』と思わせなければ採用はされないでしょう。

そんな難関の第三次面接を突破するには『経営者の思い』について理解する必要があります。
経営者の思いを解説しているのが、企業の評判DB(https://www.companyweb-db.com/)です。
このサイトは第三者の観点から企業の評判、経営者の考え方、商品へのこだわりや評判が書かれており、経営者の思いを理解する上で、最適の情報がまとまっています

就職面接では、最後の経営者との面接が大切です。
あと少しのところに来ているのですから、万全の体制で挑んでください。



ページのトップへ戻る